お気軽にご相談下さい。あなたの街の行政書士、マネーバランスドクターです。大分県大分市、遺言、相続、相続対策、事業承継、交通事故、会社設立、医療法人設立、許認可申請、財産形成、生活設計、生命保険・損害保険の見直しetc

成年後見

成年後見に関してお気軽にご相談下さい

[check]最近父が物忘れがひどくなったけどどうしたらよいのだろうか?

[check]知的障害者の子どもがいるが、自分たち親が死んだ後のことが心配だ。

[check]独り身なので自分が元気なうちに、後見人を決めておきたい。

どのように手続きをしたらよいのかわからない方はまずご相談下さい。

後見制度の手続きの手順をご説明し、手続きをお手伝いいたします。

まずはこちらまでお問合せ下さい。

成年後見制度とは

 認知症の方、知的障害者や精神障害者などの判断能力が不十分な人の保護(財産管理や身上監護)を代理権や同意権・取消権が付与された成年後見人等が行う制度です。

 成年後見制度は大きく2つの制度があります。

  • 法定後見制度

既に判断能力が低下した方について、後見等開始の申立を家庭裁判所に行い、家庭裁判所が職権で成年後見人等を選任します。
程度により?「補助」(軽)?「保佐」(中)?「後見」(重)の三類型に分かれます。

  • 任意後見制度

本人の判断能力が十分なうちに、任意後見受任者と契約を結び、あらかじめ判断能力が不十分な状況になった時に備え任意後見人を選んでおく(必ず公証役場での公正証書によること)後見のあり方を自らの意思で決定します。
本人の判断能力が不十分となったとき、本人、配偶者、四親等内の親族または任意後見受任者が家裁に申し立てると、家裁が任意後見人の職務を監督する任意後見監督人を選任し、その時から任意後見契約の効力が発生します。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional